忍者ブログ
HOME Admin Write

慧唯李のお部屋

ふと思ってみたこと等を自由気ままなブログです。「ここ…つまんない、苦手」と言う方、『まわれ右!』して下さい。ここを読んで下さった方、拍手、コメント頂けると慧唯李は嬉しいです♪

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

原作者:氷室冴子さん
漫画著者山内直実さん

『なんて素敵にジャパネスク』1巻目ですが「平安時代」を背景にした作品です。
私は、うん十年前?に、読んだきり?久々に読んでみて楽しく読めました。(ネタバレ

瑠璃姫が「一生、独身主義者で・・・」と、始まる平安時代から考えられぬストーリーです。けど、瑠璃姫の父は、瑠璃姫のため?に、婿さがしということで管弦の宴などが催されてしまいましたが・・・。
と言った、感じで序章は始まっていきます。

これを、読んでみての感想?ですが、筒井筒の高彬に何とか瑠璃姫の婿さがし宴から、窮地を脱してもらえたところは、瑠璃さん好き好き♪の、始まりだったのでしょうね~。瑠璃姫も父親から押し付けられた権少将よりも高彬のほうがマシかもとも、考えたところも2人の恋の?行方がどうなっていくのか?と読み進めていきました。
そんな中、高彬と瑠璃姫の親睦も深まりつつ、初夜を迎えようとしたところに、瑠璃姫の弟「融」が、太刀傷を負って戻ってきて・・・初夜はお流れ(高彬と瑠璃姫で涙々だったことかと)に(^_^;)
そしてそして、まさかの瑠璃姫は、鷹男との出会いで東宮関係に纏わる事件へと巻き込まれる、と言うところで解決までに至ってないのが、文庫版でですが、「ジャパネスク」1巻です。

本当に、高彬と瑠璃姫の初夜はいつになることやら?の、状態で始まる1巻目でした。
ともかく、とある切欠でジャパネスクを再び読み始めて『最後まできちんと読みたい!』と、思う慧唯李なのでした。

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新コメント

[09/08 Teru]
[03/28 teru]
[02/11 たまゆら]
[02/08 みぃ子]
[02/08 みぃ子]

プロフィール

HN:
慧唯李
性別:
非公開
趣味:
ジャパネスクを読むなど

フリーエリア

ツイッターご利用とかある際はどうぞ~

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者ツールズプロフィール

忍者ツールズプロフィールは終了しました
Copyright ©  -- 慧唯李のお部屋 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]